2004・10月.11月.12月

12/28 tue

■ 新年のお酒 ■



出張営業にやって来ました〜。新年に飲むお酒はお決まりですか?
土佐の遊創で今回有光酒造、仙頭酒造、高木酒造の新酒で企画し、
頒布会に参加されている方には発送しましたが、まだ若干ありますので、
まだ新年のお酒の決まってない方、また土佐のお酒に興味のある方に
ぜひ土佐のお酒で新年を迎えていただきたい、楽しんで頂きたいな・・・
と思いご案内にやって来ました。

関東より北の方は28日中に、関東、関西、四国、九州は29日午前中にお申し込み頂ければ
年内お届け出来ます。

「春はまだだよ」¥4.350(720ml×3本セット)(送料別途)
※説明書付き

お支払いはお酒と一緒に郵便振込用紙、または銀行振込先をお知らせしますので
10日以内に振込を頂ければ結構です。


それではご注文お待ちしてます。


完売致しました。どうもありがとうございました。12/29


12/14 tue

■ 生まれました〜 ■



7日に動物病院へ行ったら「来週には生まれますね」と言われました@@;
人間でいえば臨月ですよね。そこまで育っているなら生ますしかないでしょう・・・
もう家族会議を開くまでもなく、メイのお産は決定になりました。

翌日、ワタシも気持ちを切り換えてお産準備に毛布を買いに行こうとしたら
メイの不安そうな泣き声に「どうしたの?」と撫でたら、小屋に入ったので
「しんどい〜?」と言ったら破水@@;
慌てて夫を呼びに行って戻ったら、透明の羊膜に包まれた白い子が生まれてましたー◎◎;



「羊膜を破かないと呼吸が出来ないよーどうするのー」と慌てるワタシ。
夫「そりゃメイがするろう」って。メイが舐めて、舐めて、舐めているうちに羊膜が破れ
キレイに羊膜を食べ終わった頃に^^;産声が・・・安堵のワタシ。
「あーへその緒が着いてるー、切ってあげなくていいの?」とハラハラしているワタシに
「大丈夫やろ、それより写真撮らなくていいの?」と冷静な夫。
慌ててカメラを取りに行って撮った一枚目がコレ↑です^^;

一匹目の無事を見届けてワタシは毛布を買いに・・・。帰りに獣医さんの所へ報告に寄って、
頭に浮かんだ心配事をいくつか聞いて帰ってきたら、四匹目が生まれたところでした。
メイとは違う模様にお父さん犬はやっぱりアイツか〜。
妊娠しているかも、と思い始めた頃は手術もせずに野放しにする飼い主を腹立たしく思ったり
再々やって来るその犬に“車にでも・・・”と思ったり(きゃーワタシって極悪・非道人間;;)
でも無事に生まれた子犬達と元気なメイを見たら、
そんな感情があったことなどすっかり忘れてしまいました。

まだまだ子ども、と思っていたメイが4匹子犬のお母さんになりました。
翌日、散歩に連れていったら(獣医さんが「2日目からいいですよ」とおっしゃったので)
フンをして、いつもの五分の一も散歩してないのに「帰ろう、帰ろう」で来た道を戻るの。
そして家に着くと、水も飲まないで小屋の中へ入って子犬達にオッパイをあげてました。
それも飲みやすいように、体をずらして・・・
その優しさと愛情深さに(本能なんでしょうけど)感動;;
生む選択をしてヨカッタ。メイもヨカッタ。みんなヨカッタ。

これから里親探しやいろいろ大変なことがあると思いますが、
今は家族でこの至福の時間を静かに過ごしたいと思います。

子犬の成長は早いので画像だけでも頻繁にupしたいと思いますので見にいらして下さいねー
ワンワンギャラリー作ろうかな〜  親バカの始まりだー




12/7 mon

■ はぁ〜;; ■

昨日、知人にメイをみてもらったら「出来てるね〜」って。
困る〜;;だって一匹で十分なのに、増えることなど考えられない、想像出来ない。
娘達に知人から言われたことを話したら「さあ!覚悟を決めるかっ!!」って。
「何の覚悟よ」と聞いたら「そりゃー家族が増える覚悟でしょ」って。「・・・・・¨;」

あなた〜今日こそメイを病院へ連れて行くんだから早く帰って来て〜〜〜

12/6 mon

■ メイ ■



メイは昼間、小屋の中で気持ちよさそうに寝ていますが、
夕方になると人影があろうか、なかろうがジーッとこちらを見つめています。
(見つめているものの、こちらのことは見えてないみたいで反応がないんです^^;)
散歩に行けるときはいいのですが、行けない時は
この眼差が辛くて辛くて・・・;;
ごめんね、今日はお父さんいないから散歩に行けないのよ。

そのメイですが、、、出来ちゃってるみたいなの、赤ちゃん@@;
まだ8ヶ月なのに、まだ子供なのに・・・家族の困惑は勿論です。
でも、確かにオス犬が来ていたときがあった。

避妊手術も考えていた矢先のメイの兆候に、今 気が重いです〜
今日犬通?の人に見て貰ったら、「出来てるね〜」って・・・・・・・。
明日、病院へ行く予定にしていますが、あーん、メイちゃん どーするの〜




11/24 wed

■ 高知県・梼原原町 ■

 

昨日は土佐山田町商工会女性部の視察研修旅行で梼原町へ行って来ました。

愛媛県との県境に近く、山、山、山の中ですが、
土佐山田からはバスで高速道路を使い、2時間ほどで行けます。
高速を降りてから道沿いに四万十川の源流が流れ、それはそれは透き通った綺麗な川で
川を見たり、山を見たりそれだけで癒やされる風景でした。

それと梼原町は明治維新を切り開いた志士達との縁が深く、龍馬が脱藩した時に駆け抜けた道があり、
脱藩の日(3月末)や龍馬の誕生日でもあり、命日でもある11月15日には全国から龍馬ファンが訪れるそうです。
和田城跡にはその志士達の群像が建っていました。(右から2番目が龍馬)
右画像の立て札には「坂本龍馬脱藩の道」と書いてあります。ここを歩いたのかぁ〜・・・

それと、梼原町には最近耳にする「グリーンツーリズム」(農、漁村などで自然や住人との交流を通じて、
その価値や魅力を再発見し、人間らしい生活や田舎暮らしに触れる旅)を実践している宿があり
関西や東京からの訪れる方が多く、リピーターになって行かれるそうです。分かるなぁ〜・・・・・
昼食はその農家民宿「いちょうの樹」の知子さんが作られた自家製の野菜と高知の食材を使ったご飯をいただきました。
干し椎茸のあんかけ、小ナスのたたき、煮物、そば、ぜんまい・・・ほーっとする食事で、美味しかったです〜^^。



この日はたまたま神祭の日で、一千年の永い間舞い継がれてきた津野山神楽を観ることが出来ました。
三嶋神社まで観光バスが入れなかったので、梼原町の商工会の方達が自家用車で
私達25名をピストン輸送して下さったり、いろいろ案内していただき一日大変お世話になりました。
最初に女性部の部長さんが「私達の大好きな梼原町へようこそっ」と元気に挨拶されたのがとても印象的で
それを裏付けるような充実した視察でした☆



最後に、今年の「ミセス・リビング」1月号で紹介された「雲の上のホテル」でコーヒーブレークして大満足。
でもちょっと・・・国道沿いにあったのは以外だったかな〜




11/13 sat

■ 種蒔き ■

 

遅〜い種蒔きをしました。
一昨年14種類も蒔いて、定植するのにとても苦労したので(植える場所がなくて^^;)
昨年は(こぼれ種で咲くだろうという計算もあって)1種類しか蒔かなかったら
今年の春から初夏にかけて、庭の寂しいこと寂しいこと・・・
で、今年はちゃんと種蒔きをしようと早くから種を購入していたのに、
説明書を読んだら、春蒔きの方が良いのもあって、今日は4種類だけ蒔きました。

オキシペタラム(ブルースター)は一昨年蒔いたものが1本だけ育って
今年その花が咲いた時(昨年は咲かなかった)は本当に嬉しくて、
今度はもっと咲かせようと今年また種を買いましたが
その後、なんと、、、種が穫れたの〜



種の入っている殻は7.5センチもあって
あの可憐で可愛い花からは想像出来ないほど、初めて見た時はギョっとしたのですが、
中から出てきた種と綿毛は絹糸のような光沢があって感動でした。

殻から綿毛を付けた種が飛んでいく様子を何枚も撮ったのに・・・
何故か削除してしまったようで、画像がなーい・・・えーん;;ショック〜
でも最初の種を採種しておいたので何とか綿毛付きで撮ることが出来ました。

寒さに弱い花なので“春まき”と書いてあるのもあれば、資料によっては秋まきってあるし・・・
うーん、半分だけ蒔いてみようかな・・・




11/2 tue

■ しろくま ■




パターンから作り始めたクマのぬいぐるみがやーっと出来上がりました。

うつろな記憶と作品がなかなかひとつにならなくて
頭や胴を縫っては解きを何度も繰り返しましたが、
10/7の綴りを読んで下さった方から、クマを作るきっかけになったCMが住友生命ので
そのHPでクマちゃんが見れますよ・・・ってURLも教えて下さったの〜;;
こちらです →http://cam.sumitomolife.co.jp/nanako-main/nanako1.html
とても有りがたく、嬉しいことで;;
お陰で迷いと悩みがが払拭されて、自分なりに満足できるクマの縫いぐるみが出来ました♪ ありがとうネ;;

菜々子さんのクマは胴と腕がつながっていて
私も何度もそれを試みましたが、とうとう諦めて、別作りにして釦で止めちゃいました^^;

 

手足の先と胴体の四分の一くらいまでペレット(プラスチックで出来た米粒くらいの粒つぶ)が
入っているので座りがよくて、こーんなところ↑にも座れるの〜

今回はオフホワイトのコーデュロイで作ったのでしろクマになりましたが、
リバティープリントや、チェック、色無地などで作っても可愛いと思います。


苦労して育てた・・・じゃなくて作った分、より愛着が湧いて可愛いです〜
一人(匹、頭?)で座っているより、抱かれている方が嬉しそうに見えるのは気のせい?


10/21 thu

■ 台風23号 ■



↑今度は絶対に大丈夫と思っていたトタン屋根の一番上の部分(名前が分からない)が
2枚飛んで、3枚目が剥がれ掛かっています@@;;;;;;;;;;

16号の時に飛ばされた屋根瓦がやっと直って安心していたのに、
午後2時過ぎからの超モーレツ過激強風(これでもかっ!と言う形容・・・^^;)に
少しの辛抱と言い聞かせて平静を装っていたら、
「ガラン、グァロン□×▽◇×××・・・」頭上で不吉な音。
暴風の中、恐る恐る外に出て見たらひゃ〜〜〜
テレビで見たあらゆる光景が脳裏をかすめて胃が痛み始めました。(繊細なのヨン?)

9/1にも書きましたが、ここだけは絶対、絶対大丈夫と思っていたのに
どーしてこんなコトが起こるワケッ?
築5年目よっ!!!

夫が「雨が降ったら雨漏りするから」と言って金槌を持って上がろうとするので
「やめてー」と止めるのに必死のワタシ。

大工さんに連絡をしたら見に来て下さって(板金屋さんの仕事ですが、夫と同じことを思って
ハシゴを持って来てくれましたが風が強くて断念)
飛んだトタンの釘を打ち付けた間隔を見たらどうやら手抜きのようでした・・・。

台風一過の爽やかな秋空に、築80年の家がとても頼もしく見えたのでした・・・。
はぁ〜;;
(法事が済んだ後でヨカッタ・・・)

物部川も16号のときよりも川面の波が凄かったです。
写真に収めようと何回もカメラを持って出ようとしましたが
怖くてとうとう撮れませんでした;;



10/19 tue

■ 皿鉢料理 ■

 

土佐の皿鉢料理です。
直径40センチほどの皿鉢に煮物、揚げ物、焼き物、押し寿司、サバの姿寿司もありますね・・・フルーツ
いろいろなものが盛り合わせてあり、家庭で作る場合もありますが、大半は仕出し屋さんで作ってもらい、
高知では披露宴を始めとして、あらゆる宴会にはこの皿鉢料理が出されます。

これまで皿鉢料理を頂くことはあっても、撮る機会(勇気?)がなかったのですが、
これは今日の義父の法要後でお出ししたもので、
皆がお墓へ行っている間に撮りました^^。



10/7 thu

■ ぬいぐるみ ■

あるTVCMで、松嶋菜々子さんがクマのぬいぐるみのほつれを直すシーンがあって
私はそれを見た瞬間からそのクマに釘付け。(白くてメイのにも似ていたの...親バカでスミマセン^^;)
そのCMはこちらでは放送されていないので(番組の中で取り上げられたのを見ただけ)、
その時の記憶を辿りながら、今そのクマのぬいぐるみを作っているのですが、難しい〜;;



胴が太くてまち針で摘んでみました。これくらい?

 

肩から腕にかけてが変〜(廻りを片付けてから撮ればよかった;;)。↑顔のハギ位置を変えてみましたが、
鼻が高くてミッキーみたいだし、今度は頭デカッ!;;胴は4回作り直しましたが、
まだ満足できません。腕も作り直しですね・・・・・・;;

菜々子さんの持っていたクマとはちょっと違ってきているかもしれませんが、
でもね、足とお腹の膨らみ具合が結構可愛いんですよ、むふっ☆
披露出来るようなクマさんに仕上がったらupしますねー。   出来るかな・・・